弾性ワイヤーで爪の両端を浮かせて、肉に食い込むのを防ぐなどの治療法があります

男女問わずに発症します 男女問わずに足の親指に発生する「巻き爪」ですが、これは一般的な名称で、医学的には爪の角が指の肉に刺さって、感染を起こして腫れてしまう「陥入爪」と、爪の端が単に内側カーブする「巻き爪」に分けられます。

陥入爪の原因の多くは爪を切る際に深く切りすぎてしまう、いわゆる「深爪」です。足の爪は手の爪と異なり、両端が指のの内側に入り込む形をしています。

そのため、足の爪を切る際に手の場合と同様に丸く切りってしまう(深爪をする)と、爪の端が十分に切られないまま、「とげ」が残ってしまいます。この状態でハイヒールなどの幅の狭い靴を履いたりしていると、指の肉にとげが刺さってしまい化膿を起こすのです。

化膿すると肉が腫れ上がるため、結果的にますます爪が食い込み、それが新たな可能を生むという悪循環に陥ってしまいます。化膿が酷い場合、医療機関では局所麻酔をして、爪をやや大きく斜めに切って、爪のとげが刺さるのを防ぐ処置がとられます。爪にならないようにするためには、深爪をしないことです。爪切りの際は、爪の先の角が少しだけ指先よりも出るように残すようにしましょう。

一方の巻き爪の原因は、先天的(遺伝)や後天的(サポート力の強いパンストの着用、爪白癬などによる爪が乾燥で弾力が失われる、深爪)などが挙げられます。巻き爪の矯正には弾性ワイヤーを用いた治療が行われます。これは爪に穴を二箇所開けてワイヤーを通し、そのワイヤーが真っすぐに戻ろうとする力を利用して丸まった爪を元の平らな状態に戻そうというものです。

ワイヤーは、新たに生えてくる爪も広がるようにくせ付けをしてくれます。この治療法はワイヤーの装着も取り外しも簡単なため、入院の必要はありません。日々のメンテナンスもいりません。

(c) 2013 医療関係者と患者さんのためのフットケアガイド All Rights Reserved.