冷暖房の効いた生活環境、足に負担の多い靴、新陳代謝の衰えなどが足の乾燥の原因

乾燥肌 人間の皮膚は角質で覆われおり、乾燥した環境に暮らしていても、水分を体の中に保持することがきます。角質本体も適度な水分を保っているため、皮膚表面に滑らかさや柔らかさが保たれています。しかし、皮膚の新陳代謝に異常が起こると、次のような症状が足に現れてきます。

最も多いのが、皮膚の水分が不足して乾燥した状態になる「乾燥肌」です。従来は秋から冬にかけて悩まされる方がが多かったのですが、近年は1年を通して肌が乾燥している方も増えてきました。

乾燥肌になると皮膚がカサカサになり、白く粉をふいた状態になることがあり、足では脛(すね)の部分によくおこります。乾燥肌になると、皮膚を守る角質層のバリア機能が失われて皮膚が敏感になるため、ちょっとした刺激でもかゆみを感じやすくなります。

次に見られるのが、角質肥厚(角化)です。これは足裏が乾燥することにより、かかとや指先を中心に角質層が異常に厚くなるものです。放置していると、筋上にひび割れが生じたり、亀の甲羅の模様のようにひび割れて亀裂が生じます。酷い場合には、亀裂したところが出血して痛みが伴い、歩行にも影響が出てきます。またあかぎれとなって。出血や炎症が起きることもあります。

足に乾燥や角質肥厚、あかぎれなどが起こる原因ですが、まず、かかとには皮脂を分泌し、皮膚表面を保護・保湿する役割を担っている皮脂腺がないため、もともと乾燥がおきやすいということが挙げられます。また、エアコン、ストーブ、ホットカーペットなどの足が乾燥しやすい生活環境、パンプスなど足を圧迫する靴を長時間履くことにより、足裏への刺激が強くなり、角質層が厚くなってしまうなどが指摘されています。

また、冷え性だったり、リンパの流れが滞ってむくんだりすると、新陳代謝が低下しています。新陳代謝が低下すると、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)が遅くなり、角質が剥がれ落ちにくくなり、だんだんと厚みを増してしまうのです。また、角質を覆う水分や天然保湿成分が不十分なために弾力を失い、ちょっとしたことでひび割れや亀裂が生じてしまいます。

治療にあたっては、まず足の乾燥を防ぐことが求められます。程度の軽い乾燥ならば市販のハンドクリームを足に塗るとよいでしょう。冷え感じる人は血行を促進するビタミンEなどを配合したクリームがよいでしょう。角質肥厚の治療では、角質溶解剤(尿素軟膏、サリチル酸)を医師に処方してもらいます。ひび割れや亀裂がある場合には、これくわえて亜鉛華単軟膏や、ハイドロコロイドなどの創傷披覆剤が処方されることもあります。

尿素軟膏は、水分保持量を増やしたり、角質を柔らかくして、分厚くなった角質層を除去することで皮膚を滑らかにする外用薬です。医薬品ですが、細菌亜h尿素入りクリームとして市販されるようになっています。

(c) 2013 医療関係者と患者さんのためのフットケアガイド All Rights Reserved.